2009年5月3日日曜日

ブルーバードとコチョウゲンボウ

Wintergreen田中さんに教えていただいて、ムジルリツグミ(Mountain Bluebird)とコチョウゲンボウ(Merlin)を見てきました。
鳥のブログといい、確度の高い情報がどれほど役に立つのかということはシロフクロウ探しで痛感しましたので、とっても助かります。

まずはブルーバード(標準和名よりこっちの方がピントくる呼び名ですね。)。ツバメ(多分Tree Swallow、ミドリツバメ)の飛び交う中、一番いのオスとメスを見ることができました。牧場などの柵の上やあまり高くない枝の上から地面に降りて虫を捕まえては元の場所に戻る姿を良く見かけます。このオスを見ていたら、さほど高くない木の天辺から下ではなく上に舞い上がりました。空中で飛んでいる虫を捕まえて元の枝に戻る姿が見られました。残念ながらカメラでは追いきれませんでしたけど…。
場所を変えてコチョウゲンボウを見に行きました。目標の場所に行くも姿が見えず、あきらめて帰りかけると、特有の騒がしい声が聞こえてきました。近づいたカラスを撃退する空中戦が行われ、無事カラスを追い払ったコチョウゲンボウは枯れた木の天辺近くの枝に止まりました。このカラスを追い払う様子が2度ほど見られました。騒がしい声と木に止まる姿は、私の住むバンフの街でも見られることがありますが、こんなにじっくり見ることができるのはめずらしいですね。
リス(Red Squirrel)の画像を一枚。どこまで近づかせてくれるんだろう…、という実験の成果です。1mをきるぐらいの距離で餌を食べる様子をじっくり見せてくれえました。今回の画像もクロップ無し(トリム)です。



2 件のコメント:

  1. 無事に成果ありですね、お役に立ててなにより。
    坂本夫妻もお連れしましょ!

    ブルーバードの空中捕獲、羨ましい一瞬です。

    返信削除
  2. >田中さん
    ありがとうございました。ちゃんと見られたよ。
    ちっともブログを更新してないテリーさんによると、エリマキライチョウが活発らしい…。
    バードウォークのエドによるとエドんちの近所でアメリカフクロウがよく聞こえるらしい。

    返信削除