2009年5月27日水曜日

アカフトオハチドリ

アカフトオハチドリ(Rufous Hummingbird)の♀がやって来ました。まだ花の少ないこの時期は我が家のフィーダーにハチドリがよくやってきます。オスの方が先に渡ってきてテリトリーを作り、メスが後から渡って来ます。
今日の夕方はメスばかりが来ていた様です。不用意に窓に近づくとすぐに飛び去って行きます。嘴をフィーダーに刺した隙にさっと近づいてカメラを構えます。ミラーレンズが活躍してます。
ロッキーでも標高の低い場所からようやく湖の氷が解け始めました。
ツアーの仕事中、お客様が湖の写真を撮っている間、私はキタホオジロガモ(Barrow's Goldeneye)を撮ってみました。黄色い目と白い頬、どちらが目立つと思いますか? 同じ湖の岸にいたコウウチョウ(Brown-headed Cowbird)。漢字では“香雨鳥”と書くようです。どんな由来があるのでしょうか?托卵(Brood Parasite)をすることで知られています。

0 件のコメント:

コメントを投稿