2016年9月7日水曜日

恒例のバックカントリーへ。

シーズンに一度はバックカントリーのキャンプに出掛けたいと思うようになったのはどうしてだっただろう。
今年もいつものメンバーに誘ってもらってキャンプに行きました。
キャンプ場はこんな場所。
歩き始めは快調で予定通りにキャンプ場に到着。しかし、去年のキャンプ同様に雨にたたられることに…。
にわか雨と霰の洗礼を受けた後、Goodsirを見る。

翌日も一日中雨。「よく降るなぁ~」と言いながら、歩いてみる。今回のキャンプ行を物語る1枚。
見えたよ、ロックウォール、ありがとう。

田中ちゃんの仕事に対する情熱と、啓子さんの優しさと、中村のお惚けと…、3日間でたっぷり50㎞。楽しかった、雨と泥んこのトレイルに苦しめられたけどね。
来年はきっと晴れるよね。

2016年8月4日木曜日

あのウォルコット・クエリーへ、アノマロカリスに会いたくて。

7月29日、念願のウォルコット・クエリーへ、リクさんと一緒に行ってきました。
バージェス頁岩は、カナディアン・ロッキーで発見された5億年以上前の生物化石群です。カンブリアの大爆発と呼ばれ、多様な生物が一斉に発生した時代があったことを物語る証拠でもあります。マウント・スティーブンのオギゴプシス頁岩や最近発見されたスタンレー氷河、マーブル渓谷など、そしてエメラルド湖を囲む山にあるウォルコット・クエリーが知られています。
1909年にチャールズ・ウォルコットによって発見されたクエリーではケンブリッジやオンタリオ博物館が今でも化石の採掘を行っており、専門のガイドと一緒でなければサイトに入ることができません。しかも片道11km、標高差800mというなかなかきついハイキングをしなければなりません。

ハイキングはタカカウ滝からスタート。インタープリターガイドはクリスティでした。彼女は日本のテレビ番組が取材に来た時も担当してます。2012年10月の「世界ふしぎ発見」に出てますよ。
まずはヨーホー・レイクへ。湖畔で休憩しながら、バージェス頁岩の説明をしてくれます。
ヨーホー・パスには保護地域の説明看板があります。地図の赤く塗られた範囲へは専門のガイドと一緒でなければ入れません。無人のカメラが設置されてます。すぐ下を一般のトレイルが通ってますけどね。
峠からワプタ・マウンテンの麓に出るとトレイルはこんな絶景に。
まだまだ登りは続くのだけれど、眺めの良い岩場で早めのランチタイム。遠くエメラルド湖を望む。お弁当はもちろんお父さんが作りました。
昼食場所の上にはワプタ・マウンテンの岩場があります。イヌワシの巣があるとクリスティが教えてくれました。昼食の途中、妙に地リス達が騒いだと思ったら、イヌワシが飛んできました。
一般のトレイルから分岐していよいよサイトへの急登へ。立ち入り禁止の看板が出ています。
急坂を上るとそこは画像や映像で何度も見たことのあるウォルコット・クエリーが…。
バックパックを置いて提供されるヘルメットを着けたら、化石探しです。
ルーペとラミネートされた化石ガイドを貸してもらえます。こんな三葉虫の破片や…。
なんだかよくわからない化石の破片がゴロゴロしてます。
リクさんが見つけた小さな三葉虫は比較的きれいでした。
もちろん、きれいな標本もちゃんと箱にしまってあって、見せてもらえます。
これは最も多く見つかっているMarrella。
ちょっとわかりにくいですが、Wiwaxia。
標本の下に名前があります。これは三葉虫の仲間。
そしてアノマロカリスの触手。
ティレル博物館に展示されている12倍の復元模型はこんな感じ。
Olenoidesという三葉虫を借りて記念撮影。「そりゃいいアイデアだね」と言って参加してた人たちがおんなじ構図で撮影してた。
久しぶりのロングハイクで疲れたけれど、楽しかった。帰り道にエメラルド湖を背景に撮った写真に歓喜が写ってる?!

ピカを探せ 解答編

長らくほったらかしでした。すみません。
初級編
もひとつ初級編
そして岩の陰から顔だけ出してるこれ。
ただ単に小さくしか写ってないだけ。
そうです、ピカは動いてないと見つけられません。動いているピカを見に来ましょう。