2009年11月2日月曜日

エルク

 そうだエルクを探してみようと…。
 数年前に街の近くの群れを国立公園が移動させてからエルクを見かける機会がめっきり減っています。
 それでも、さほど探すまでも無くゴルフコースでメスを中心にした小さな群れがひとつと立派な角のオスを一頭見つけました。
 エルク、ワピティ、ポノカ…。ELKを辞書でひくとヘラジカの訳が載っていることがあります。ヨーロッパのヘラジカはエルクと呼ばれる為です。ドイツ人を案内するガイドはこのシカを“ワピティ”と呼びます。
 メスの寿命は約24年。オスは約13年。発情期にハーレムを守り、飲まず喰わずで戦うオスは外敵に襲われる確率も高くなるようです。

2 件のコメント:

  1. 丁度、この日の朝、ボウ側のほとりの Trail と、Buffalo Stを、つなぐ、アレイで、2頭の大きなオスのElkが、今にも、戦いを始めそうな勢いに出くわし、(大きい方がものすごい鼻息!こっち向いて、目もあってしまった!)橋まで戻って、回り道しなおしました。。 その前の日は、やっぱり、2頭のオスが、我が家のすぐ下のトレイルで、つの がちがち、戦わせていました。。 私は、なぜか今年、すんごく彼らに遭遇しますです。。。。

    返信削除
  2. >カルさん
    祝ブログ開設。
    見習ってコメント埋め込み形に変更して見ました。
    エルクに襲われないように気を付けて通勤に励んで下さい。

    返信削除