2013年1月7日月曜日

招福、ケミカル新年の事始。シロフクロウです。

最近どうもタイトルが長くなる傾向がありますね。ケミカルとは気の合った友人達のことです。愉快でなかなかに個性的な面々です。詳細は“小粒さんのブログ”をご覧下さい。
それはさておき、シロフクロウ(Snowy Owl)です。年始の鳥見といえば、ひたすら平原を走りながら探すシロフクロウ探検隊です。
なかなか予定が合わないメンバーが見事に集合。カルガリー方面にシロフクロウを探しにいきました。ここ数年は目撃データを集めることで飛躍的に確認率を上げています。カルガリーの北東方面に出掛けることが多かったんですが、今回はあえて違う地域を探検します。
最初のフクロウは平原の中を通る未舗装の道路際。遠い遠い。これは500mm800mm換算)レンズで撮ってます。
同じフクロウのデジスコの画像。結構大きな個体で胸や頭の後ろの模様を見るとメスのようです。
尾羽の方を持ち上げたと思ったら、飛び立ちます。これはクロップしてます。
平原を走っているとどうしても中だるみの時間ができるんです。なかなか次の鳥は見つからないし、お昼は食べたし、眠くなるし。でもこのメンバーにはいつものパターンなど関係ありません。きれいな雪の平原を見つけたら、変なシロフクロウになる…。
きれいな雪原が広がっていれば跡を残す。
2羽目のフクロウは実は道路際に降りていたんです。さすがに誰も気付かず。近づいた車に驚き飛び立ちました。電柱に止まったので慎重に遠くから狙います。
電柱のすぐ下を通り抜けて反対の順光の方へ移動。残ったジョ~さんは接近を試みます。この後、ジョ~さんいい写真撮ってましたよ。
デジスコのズームを使って撮影。クロップ無しです。白くなりつつある若いオスのようです。
偽フクロウで盛り上がり、きれいなシロフクロウを見て大満足だったんですが、今回の懸案のひとつ、カルガリーよりも西の場所を確認に行くと日暮れ間近に3羽目の登場です。珍しく木の上に止まっていました。
これは夕焼けの雲を背景にした4羽目ですが、場所を考えると3羽目と同じ個体かと思われます。
近づいて少し大きく。これはクロップもしてます。
今シーズンのフクロウ探検隊は毎回シロフクロウを確認していますが、1日に3羽も見られたのは始めてでした。良い新年の幕開けになりました。
恐るべし、ケミカルの力。

6 件のコメント:

  1. 楽しかったです。運転手、ご苦労様でしたー。今年も、シロフクロウ様に、あやかれて、福来朗、不苦労な、一年。。。。期待しちゃいます。 ケミカルの力、恐れるなかれー。これにもあやかっちゃおう。

    返信削除
    返信
    1. 今年もよい年になりますように。
      よろしくお願いします。

      削除
  2. 飛び立つ瞬間の顔がデカすぎる(笑)
    見事なショット!

    返信削除
    返信
    1. 一眼レフの方でこういう写真が撮りたいねぇ。

      削除
  3. 私の方のブログにも、リンク、貼らせて頂きました~。 

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。

      削除