2011年3月22日火曜日

ミユビゲラ

 まだまだ雪が多いもののずいぶん暖かくなってきました。春の渡りが始まっているようで鳥のブログもにぎやかになっていますね。
 ロッキーの山を越えて渡って行くイヌワシや、カルガリーの近くで冬を過ごした鳥たちが北に向かう前にまとまった数で見られるようになっています。
 本当はフクロウ探しに行こうと思ってたんですが、なんとなく家のことをしていたら出そびれてしまいました。ひと段落してから近くを歩いてみました。

 近くの木からカッ、カッという音が聞こえてきます。シロトウヒ(White Spruce)の木の幹にミユビゲラ(American three-toed Woodpecker)のメスがいました。日本では、北海道にわずかに生息しているだろうと考えられている幻の鳥ですね。 トウヒの鱗片状の樹皮を剥がすように樹をつつきます。周辺のいくつかの樹を飛び渡りながら樹をつついています。
高みに登っていくのを首が痛くなるまで眺めて帰ってきました。
少しわかりにくいですが、名前の元になった3本指のクローズアップです。やっぱりもう一回行こうかな、シロフクロウ。

忘れるところでした。前回の尻尾だけの鳥はアメリカコガラ(Black-capped Chickadee)でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿