2010年8月5日木曜日

夏休み?!

 休みというよりは仕事の下見で終わってしまった夏の家族旅行。キャンプもしたかったね。
また行く機会があったら、今度は一眼レフを持っていこう。

Day 1 
“Going to sun”という名のついた道。東からは湖に沿って始まる。Day 2 
ひたすらモンタナの大地を走る。確かにBig sky です。終着はルーズベルト門の夕焼け。Day 3 今回の旅行のハイライトはこの日。
絵画のような渓谷あり。野牛あり。温泉あり。一番有名なのはこの間欠泉か?温泉に色彩があふれています。湖あり。やっぱり空が広くて…蒼い。花あり。Skyrocket (Gilia aggregata ハナシノブ科)とうとう日が暮れてしまった。Day 4
雨の降るエルクの角の門からスタート、北にひた走る。
Day 5
最後はのんびりと鳥たちを眺めてきました。とぼけた顔のメンフクロウ。

3 件のコメント:

  1. どんだけ、広い範囲をご案内するツアーの下見!?
    アメリカも、ガイド不足!?なのかな~。 いやいや、ロッキーのベテランガイドが、北米では、一番定評があるってこと!?。
    新しい景観との、沢山の出会いがあった様子~。 

    それにしても、このメンフクロウ、おしゃれな衣をまとっていますね。 顔。。もだけど、山の神様の、精霊が宿る鳥のように、見える気がする。

    ちゃんと、100%お休みで、家族と、楽しいキャンプするべし。ですよ。

    返信削除
  2. >小粒さん
    そうですね。ちゃんと休みたいですね。
    なかなか新鮮でした。でもやっぱりロッキーがいいね。

    返信削除
  3. そうか、やっぱりロッキーか。
    いいとこに棲ませてもらってるんだね。
    条件が揃ったらキャンプ行こうね!

    返信削除