2008年12月30日火曜日

ミュールジカ

黒い縁取りのある耳の大きなシカ(Mule Deer)が潅木の小枝を食べているようです。
クリスマス後にまとまって雪が降りました。雪は厚く地面を覆いシカたちも食べるものを探すのが大変なのでしょう。
オスのシカなのにお腹が膨らんでいるように見えるのは病気なのかもしれません。
以前、同じようにお腹にスイカを入れたようになったワピチ(Elk)を見たことがあります。
あのシカはまだどこかにいきているんだろうか…。

0 件のコメント:

コメントを投稿