2010年12月21日火曜日

A total lunar eclipse

 夜空に向かってカメラを構えるのも久しぶりなら、ミラーレンズを持ち出すのも久しぶりでした。ふたご座の流星群の極大の時は曇り空でしたから…。
 でも今回の皆既月食、バンフでは真夜中過ぎに始まりましたから月は天高く、カメラを向けるのがなかなか大変です。幸い空は晴れわたり絶好のコンディションでした。
 皆既月食は日食と違って、地球の大気の層を通る光のおかげで月が完全に消えてしまうわけではありません。うっすらと赤くなった皆既状態の月はとても神秘的で少し不気味です。
オリオン座やおうし座のアルデバラン、すばるなどがきれいでした。残念ながら、寒さのせいであまり他の星を撮る余裕がありませんでしたけど。
 冬の澄んだ空気は星空を見るのに都合は良いですが、とにかく寒いですね。オーロラ鑑賞並みの防寒具でも用意しないと…。

2 件のコメント:

  1. 空を見ながら、いいカメラが、あったらなぁ。。と思っていました。。。宇宙の偉大なるショー。。。うまく言葉に出来ないけど、びんびん響きました。何時まで、見てました??

    返信削除
  2. >カルさん
    皆既状態になるぐらいまでかなぁ~。
    月が暗くなるのにあわせて周りの星の明かりが良く見えて不思議、きれいでしたね。

    返信削除