2010年3月26日金曜日

フクロウ探検隊 その5

 シロフクロウ(Snowy Owl)を目当てにしたフクロウ探しは今シーズンの最後になりそうです。 今回の参加者は元同僚のテリーさんです。IGA主催のフィールドトリップに参加してもあまり日本人の参加は見かけないのですが、テリーさんには良く会います。きっと彼は“Naturalist”なのだと思います。 
 前からシロフクロウに興味はあったようですが、やっとフクロウ探検隊の参加が実現しました。
 
 
 まずはカラフトフクロウ(Great Gray Owl)を探しに向かいます。
平原に出ると厚い霧に覆われていました。山猫の丘に登ると霧の上に出ました。樹氷に覆われた木々に光が差してとても美しい景色でした。  今シーズンはまだカラフトフクロウの姿を見ていなかったので、あまり期待していなかったのですが、久しぶりのその姿を現してくれました。 道路際のフェンスポストに止まっていることに気付くのが遅れて飛び立たれてしまいました。林の中に入って行ったのですが、しばらく様子を見ていると林から林へ2度ほど姿を見せてくれました。 残念ながら、写真に収めることはできませんでしたが、久しぶりのGGの飛ぶ姿が見られて興奮しました。
  途中でケアシノスリ(Rough-legged Hawk)を見つけました。木の上から飛び立つところ。  鳥見のポイントをシロフクロウの場所に移動します。そろそろ北へ帰っていってしまうであろうシロフクロウがいつまでこの辺りで見られるのか興味深々といったところです。 テリーさん、自分でも1度探しに来たそうですが、見られなかったそうです。この辺りを走り周って、探しても見ることができない“空振り”を経験してみないと感動が大きくならないですよね。  
 フクロウポイントで2羽のハクトウワシ(Bald Eagle)を見た後、シロフクロウの1羽目は道路際のフェンスポストに止まっていました。風が強かったせいか、テリーさんの車が派手な色だったせいか近づくとすぐに飛び立ちます。
 風に押し戻されたおかげで私たちの車の近くを飛んでいきました。テリーさんが飛び姿を撮ってます。 さほど離れていない場所で農地に降りている1羽を発見、道からは遠かったですね。このフクロウの近くを別のフクロウが2羽飛んでいました。
 いつものように付近を走ってみますが、見つからなかったので車の中で昼食です。窓を開けると鳥の声が聞こえます。すぐ近くにハマヒバリ(Horned Lark)が歌っていました。
  食後に場所を移動すると、テリーさん、雪の上に座るシロフクロウを発見しました。なんとこの場所では5羽のシロフクロウがお互いの近くの地面に降りていました。ほとんど雪の消えた放牧場の中、わざと選んでいるのか残雪の上にシロフクロウが座っています。  近づいてみると、飛ぶ。 懲りずに近づいてみる、また飛ぶ。  こんなに近くに集まっているのはやはり“渡り”が近いということなのでしょうね。

 シロフクロウを見ていると遠くからにぎやかなハクチョウの声が響いてきました。近くに大きな群れが降りていました。
 ハクトウワシも全部で5羽、見ました。これが一番近くで見えたワシです。  シロフクロウやケアシノスリはもうすぐ北へ旅立ってしまいます。ハクトウワシやコマツグミ(American Robin)など夏をここで過ごす鳥たちが入れ替わるようにやって来ています。花が咲き、鳥が歌う。ロッキーがにぎやかになってきます。

 シロフクロウに関してはかなり勝率を上げましたから、また次の冬が楽しみです。

  今日はあまり近くで写真が撮れませんでしたので、鳥の画像はクロップしてあります。

4 件のコメント:

  1. 長距離お疲れさまでした。
    次回は地味な色の車で行ってください。

    返信削除
  2. >田中さん
    うらやましいでしょ、GG。
    4月になったら、トリクラで行ってみましょう。

    返信削除
  3. けんちゃん2010年3月29日 17:43

    え~
    こちらは本日SKIに行って参りました。

    トリクラ、参加できそうにない。
    とほほ・・・・・

    返信削除
  4. >けんちゃん
    忙しいんかい?

    返信削除